• 介護ソフト、無料のものはどうなのか

    • 日常業務にかかる手間や時間を大幅に軽減、短縮してれるのが介護ソフトの機能です。



      よってこれを利用することで、利用者に対してのサービス提供の充実を図ることが期待できます。

      ところで介護ソフトの中には有料のものと無料のものがあります。
      無料のものと言うと、本当に安心して利用できるのかとか、後で高額な料金を請求されるのではないかなどと不安に思う人もいるかもしれません。



      そこで無料の介護ソフトはどうなのかと言うのを、有料のそれと比較してみます。

      まずそもそもとして何故、無料のものがあるのかと言うと、ひとつにはソフト公開が営利目的ではないと言う理由が考えられます。

      たとえば介護事業を営んでいる人が自分でそれを開発して、同じような事業を営んでいる人に対して、少しでもその手助けになればと言う思いで公開、無料配布していると言うことです。それからもうひとつは、有料のものと比較すると、かなり機能が限定されている場合が多いと言うのも理由としては挙げられます。
      たとえば有料のものが保険請求業務は勿論のこと、シフト作成やサービス情報の管理機能まで備えているのに対し、無料のものは保険請求業務のみ、それ以外は有料オプションであることも考えられます。

      あるいは利用できるパソコンなどの端末台数に制限が設けられていることがある、と言うのも無料である理由のひとつであることも多いです。

      つまり無料ソフトは、内容的には問題はないが、機能的には制限が設けられていることも多い言えます。



      事業所の規模によっては、それでも十分と言うことも考えられます。

      一方でできるだけ最初から、制限なしに多くの機能を利用したいと言う場合は、有料のものを利用するのが望ましいです。

  • 1から学ぶIT

    • 介護ソフトのコストを抑えるには

      個人情報の管理、請求、ケアプラン作成など、介護の現場で必要とされる業務は数多くあります。これらの業務をより効率よく進めるために重要なのが「介護ソフト」の導入です。...

  • ITの補足説明

    • 介護ソフトのひとつ、ASP型とは

      介護保険の請求業務を中心として、様々な業務を担ってくれるのが介護ソフトの役割です。これにはいくつかの種類がありますが、その中でも注目を集めているのがASP型と呼ばれる種類です。...

  • 専門知識・意外な真実