• 介護ソフトのひとつ、ASP型とは

    介護保険の請求業務を中心として、様々な業務を担ってくれるのが介護ソフトの役割です。これにはいくつかの種類がありますが、その中でも注目を集めているのがASP型と呼ばれる種類です。

    これは簡単に言うと、インターネットを経由することでソフト会社が提供しているサービスを利用すると言う内容です。



    そのメリットですが、まずはインターネットに接続さえされておれば、どのパソコンやスマホからでも、また誰でも利用できると言う点が挙げられます。規模が大きい事業所の場合、パソコンやスマホの数も多くなること、またそれらを操作する人の数が多くなることも予想されます。


    そのような際に、それらを限定することなくソフトサービスが利用できると言うのは、大きなメリットです。

    それからデータの保管やバージョンアップに際しては、こちら側は特に何もしなくて良いと言うのもメリットのひとつです。これはインターネットを経由してソフト会社側が行ってくれるためです。
    介護保険は一定期間ごとにその内容が見直され、改訂が行われているので、そのバージョンアップが自動的に行われると言うのは、業務軽減に非常に役立ちます。



    更にパッケージと比較すると、非常に安価でサービスが利用できると言うのもASP型の魅力です。


    ただし全てをインターネットを介して行うので、セキュリティに関しては万全の対策を講じておくことが求められます。



    選択する際にはあらかじめ、セキュリティに対してどのような対応をとっているのかを知っておくのも望ましいです。