• 介護ソフトを上手に使って業務効率化

    介護業界の人材不足が深刻になっています。



    その中で、少ない人材で効率的に業務を行うために、介護ソフトを上手に活用したいと考える事業主が増えています。どのようなソフトをどんな形で導入すれば、現場の職員にも効率的に活用してもらい、業務の負担軽減につながるのでしょうか。



    現場からの声で多く聞かれるのが、記録作業の負担です。
    記録はとても重要ですが、実際は時間外にしか記録作業が出来ないという現場もあります。


    この記録の負担を軽減するのが介護ソフトです。

    あらかじめ文章例が入力されており。



    特記事項で無い限りは、クリックだけで記録作業が済んでしまうものも多くあります。紙媒体で記録するよりも効率的で、書類の節約にもつながります。それでも、職員の中には年配の方や、パソコン作業が苦手な方もいます。そのような方にも抵抗無く使っていただける介護ソフトが、タブレット端末でも使用可能なタイプです。

    スマートフォンが普及しているので、タブレット端末の操作は抵抗なくできる職員が多く、操作も簡単です。

    また、排泄介助、入浴介助等、ひとつひとつの業務をこなしながら、その場で記録を入力できるので、記録漏れがなく、実地指導などの時も安心です。初めての介護ソフト導入時は、シンプルでわかりやすいものがお勧めです。また、メンテナンスやサポート体制がしっかりしていると安心です。

    現場職員への指導は、事業主だけでは難しい場合もありますので、サポート担当者と相談しながら、上手に活用できるようにすることで、業務効率化につながります。