• 必ず必要!?介護ソフトって何?

    介護ソフトは事業者にとって必ず必要になるものです。

    介護の記録や国保連合会への請求など、事務的な作業を助けてくれるシステムのことです。


    事務業務をコンピュータが行うことにより、業務効率を高めることができます。便利機能が付いたものなど様々な種類のものが販売されています。介護ソフトを導入する際は、無料試用期間というサービスを利用するなどして、自身の事業所に合ったものを選んでください。

    1つのソフトに様々な便利機能が付いたものや使いやすさ重視のもの、低価格で手の出しやすいものなど種類があります。料金は月額で支払うところがほとんどで、機能によって値段も変わってきます。

    使い方がわからない時に電話で問い合わせられるなど、導入後のサポート体制なども会社によって違ってくるので、導入する前によく情報収集すると良いです。

    介護ソフトを導入すると業務効率が上がります。



    1つの端末に入力したデータは全ての端末に共有され、同じデータを別の端末へ入力するという手間が省けます。



    入力したデータは保存されるため、過去の記録の検索などが容易になります。



    全て入力するだけなので、いちいち紙に書き込んで記録する必要はありません。
    業務が効率化して空いた時間は、事業所利用者へのサービスとして充てることができ、質の良いサービスを提供することができます。利用者の満足度も上がると考えられます。
    介護ソフトはいつまでも長く利用できる、自身の事業所に合った使いやすいものを選んでください。