• 介護ソフトのコストを抑えるには

    個人情報の管理、請求、ケアプラン作成など、介護の現場で必要とされる業務は数多くあります。
    これらの業務をより効率よく進めるために重要なのが「介護ソフト」の導入です。



    けれども、実際に導入するためにはそれなりのコストがかかります。



    そこで、導入するソフトを慎重に選び、本当に使いやすいソフトを選ぶ必要があります。

    まず介護ソフトには、大きく分けて「パッケージ型」と「ASP型」の2種類があります。
    「ASP型」とはインターネットを経由して請求などの業務を行うシステム。
    基となるデータは販売会社に保存されており、法改正時の対応やアップデートなどは販売会社の方で対応してもらえます。


    また、初期設置費用や契約費などの価格もパッケージ型に比べると安価に抑えられているのが特徴です。


    ただし、どんなにコストの安いソフトを導入したとしても、使いづらかったり、ニーズに合っていないものを導入してしまっては意味がありません。
    まず導入する前に、本当に使いやすいものかどうか確かめる必要があります。

    そこで、実際に導入する前にまずは試してみることをおすすめします。

    というのも、現在販売会社によっては事前にお試しできる期間を設けているところもあります。
    まず試してみて、本当に使いやすいものを導入するようにしましょう。



    また、運営会社のサポート体制も事前にチェックしておきます。
    スピードが重視される介護業界では、困った時にサポートセンターにすぐつながるかは重要です。


    また、個人情報を数多く扱うため、「SSL暗号化通信」が導入されているかも事前に確認しておきましょう。